無脊椎動物

Pleurotomaria sp.

白亜紀セノマニアン

いわゆるオキナエビス。一部殻表面の模様が確認できる。

Pleurotomaria sp.

白亜紀セノマニアン

殻は剥がれている。Anagaudrycerasが共産。


Aporrhais acutimargarinatus

白亜紀サントニアン

4本のトゲが特徴。殻の上下方向にのびる2本はノジュールからはみ出ていた。

殻本体の顆粒が残っている。

Nanonavis sp.

白亜紀サントニアン

和泉層群など日本各地の白亜紀層から見つかる。

腕足類

白亜紀チューロニアン

貝に似るが、分類上はまったく別のもの。


ウニ

白亜紀コニアシアン

産出は北海道の白亜紀では珍しくないが、綺麗に分離するものはあまりない。


オウムガイ

白亜紀後期

アンモナイトを採集していると、ごく稀に見つかる。単純な直線状の縫合線が大きな特徴。