脊椎動物

長頸竜類の歯

白亜紀セノマニアン

偶然が重なって採集できたもの。

カグラザメの仲間

白亜紀チューロニアン

初めて採集したサメの歯。小さいながらも綺麗に残っていた。


Cretolamna sp.

白亜紀セノマニアン

頂き物。北海道には何か所か、サメの歯が多産するポイントがあるようだ。

Cretolamna ?

白亜紀サントニアン

歯根はもともとなかったようだ。ノジュールの表面に一部出ていたが、エナメルは風化に強いのか、溶けたりはしていない。


Ptychodus sp.

白亜紀サントニアン

この歯でカニや貝を砕いていたのでしょうか。ぶつぶつ模様が特徴的。


魚の脊椎

白亜紀チューロニアン

ちょうど真半分に割れている。

魚の脊椎
白亜紀サントニアン
風化面。特徴的な組織が見られる。

海生大型爬虫類の骨

白亜紀サントニアン

アンモナイトを探していると、ときどき見つかる。陸上動物の骨と比べると、内部組織の密度が小さい。