これら以外の科

Vascoceras sp.

バスコセラス科

白亜紀チューロニアン

クリーニングするまでバスコと気が付かなかった。

ヘソはとても深い。粗い縫合線はバスコセラス科共通の特徴。


Ammonoceratites ezoense

リトセラス科

白亜紀アルビアン

有名な奔別川産。

Forbesiceras mikasaense

フォルベシセラス科

白亜紀セノマニアン

円盤状のアンモナイト。


Metaplacenticeras subtilistriatum

プラセンチセラス科

白亜紀カンパニアン

道北遠別町といえばこのアンモナイト。虹色の殻が非常に美しい。シュマの会の巡検で採集したもの。


Anisoceras sp.

アニソセラス科

白亜紀セノマニアン

突起の名残が確認できる。

Allocrioceras(?)

アニソセラス科

白亜紀チューロニアン

北海道から見つかるこのアンモナイトは、とりあえず「アロクリオセラス」と同定されているが、これが海外から出ているものと本当に同属なのかは分からない。