ゴードリセラス科

Gaudryceras denseplicatum

白亜紀チューロニアン

保存がよくお気に入りのアンモナイト。崖をよじ登って採集した。

Gaudryceras denseplicatum

白亜紀チューロニアン

これは現地で頂いたもの。肋が粗い。


 

Gaudryceras denseplicatum

白亜紀コニアシアン

Gaudryceras denseplicatum

白亜紀サントニアン~カンパニアン

主肋も細肋もより細やかになる。

 


Gaudryceras tenuiliratum

白亜紀サントニアン~カンパニアン

虹色の殻が美しい。

Gaudryceras hamanakense

白亜紀マストリヒチアン

道東浜中町といえばこのアンモナイト。


Gaudryceras yokoii

白亜紀セノマニアン

非常に細かい肋が見られる。螺環の形はG.denseplicatumに似る。

Gaudryceras sp.

白亜紀カンパニアン

メタプラセンチセラスゾーンから産出。


 

Anagaurdyceras howarthi

白亜紀チューロニアン

住房部の肋が特徴的


Anagaudryceras sp.

白亜紀セノマニアン

オキナエビスが共産。

Zelandites kawanoi

白亜紀後期

ゴードリセラスとプゾシアを足して2で割ったような形態。初めて手にした北海道のアンモナイト。


Zelandites inflatus

白亜紀セノマニアン

「覆道」ではデスモセラスに次いで多い種。