ノストセラス科

Nipponites mirabilis

白亜紀チューロニアン

日本を代表する化石。小さい頃からこれを目標に北海道に通い続けた。

住房部の発達したリブが特徴的。分離がよく、全体に殻を残すことができた。サイズは約9cm、N. mirabilis としては中型の個体であろう。


Nipponites sachalinensis

白亜紀コニアシアン

頂き物。緩巻きのニッポニテス。鋭い肋が特徴。

Nipponites sachalinensis

白亜紀コニアシアン

初めて採集したNipponites。


Nipponites sachalinensis

白亜紀コニアシアン

頂き物。こんなニッポを自採したいものです。

左の標本の裏側。中巻が擦れて見えている。中巻をクリーニングしてね、ということで頂いたので、いずれ手を加えます。


Eubosrychoceras japonicum

白亜紀チューロニアン

初めての北海道巡検で採集したもの。

Eubosrychoceras sp.

白亜紀チューロニアン

成長途中で上下が入れ替わる。


Eubostrychoceras muramotoi

白亜紀コニアシアン

現地で頂いたもの。途中欠けはあるが、4.5段ほどある。

Eubostrychoceras matsumotoi ?

白亜紀チューロニアン

ちょうどM.yezoenceに似た巻き方をしている。


Yezoceras nodosum

白亜紀コニアシアン

螺環中央と下部に、コブ状の突起が2列並ぶ。

Yezoceras nodusum

白亜紀コニアシアン


Muramotoceras yezoense

白亜紀チューロニアン

成長途中で2回上下が入れ替わる。初めて採集したMuramotoceras。

Muramotoceras yezoense

白亜紀チューロニアン

クリーニング名人に、「クリーニングするなら」と頂いたのですが、私の腕では手をかける箇所がありませんでした。


Muramotoceras sp.

白亜紀チューロニアン

M.laxum?真ん中に見える棒状のアンモナイトはSciponoceras。


Hyphantoceras orientale

白亜紀サントニアン

ドリル状の変わった形をしている。堆積時の水流が影響しているのか、一定方向に並んでいる。

Menuites japonicusが共産している。


 Ainocerassp.

白亜紀カンパニアン

長年憧れていたアンモナイト。シュマの会の巡検で採集。

 

Ainoceras kamuy

白亜紀カンパニアン

工事により一時的に産地が復活した。