パキディスカス科

Eupachydiscus haradai

白亜紀サントニアン

頂き物。擦れた個所から隔壁の様子が分かる。 


Menuites japonicus

白亜紀サントニアン

4列の突起が特徴的なアンモナイト。

突起がよく残っている。

Menuites japonicus

白亜紀サントニアン

小さくても突起が発達している。

 

Menuites japonicus

白亜紀サントニアン

この標本は突起が失われている。


Menuites naumanni

白亜紀後期

 

非常に分厚く、ずんぐりとした螺環が特徴。

Menuites pusillus

白亜紀後期

肋上に4つの突起がある。M.japonicusよりも小型で、突起の現れる時期も早いようだ。

Menuites sp.

白亜紀サントニアン

かつてはアナパキと言われていた。Eupachydiscus と比べると、殻表面は平滑だが、突起はより発達するようだ。


Urakawites sp.

白亜紀カンパニアン

同定には自信ありません…。